スポンサードリンク

2012年02月14日

専門医に聞け! Q&A 抜歯後に起きる「歯肉退縮」の根本原因




 Q:たくさんあった虫歯を治療し、歯列も整えましたが、しばらくして、治療した右の中央から3本目辺りの歯茎が少しやせた感じです。歯が少し長くなったような気もします。歯医者さんに聞いたところ、歯茎が下がっているとのこと。老化の影響もあり、治らナイとか。本当でしょうか。アドバイスをお願いします。(48歳、自営業)

 A:ご質問の方は、歯科でいう歯肉退縮の状態です。歯茎がやせて、下がってきたのです。歯は歯槽骨という骨に支えられていますが、背景として歯槽骨も退縮しています。
 その主な素因は歯周病ですが、加齢によっても骨はやせてきます。他にも、不正咬合(噛み合わせの異常)、歯の治療中に歯茎を切ってしまった場合、誤った歯磨き法なども挙げられます。

●背景に歯周病
 誤った磨き方で、しかも強い力で磨くのが習慣だと歯茎を傷つけます。しかし、歯茎が退縮するくらいのダメージを与えるのは希です。中には電動歯ブラシが歯茎退縮の素因になったと思う人がいるようですが、正しく使っている限り、その心配はありません。
 ご質問の方の場合、抜歯後に義歯を入れ、歯並びを整えたら、その後に歯茎が下がってきたとのこと。実際、こういうケースは在るものです。
 理由としては、治療の段階で背景に歯周病があったことと、抜歯をしたことが影響していると思われます。
 抜歯をすると歯茎の神経も働かなくなり、血流も悪くなるので歯茎が活力を失います。歯を支える骨がやせ、歯茎が退縮し、歯が長くなったように見えるのです。

●歯茎の押圧法
 歯茎の退縮については、他の部位から取ってきた歯肉や結合組織を移植する手術があります。しかし、しっかりと定着させることは難しく、お勧めできません。
 基本的には下がってしまった歯茎を元に戻すことは難しいと言われますが、ご質問の方の場合、程度は軽いようですし、回復が絶対に不可能とは思いません。防止対策を実行すれば、少なくとも、今よりも悪化することは防げます。
 ご自分で完了する対策法としては、歯茎の指圧やマッサージをお勧めします。更にも簡単なのは、歯茎を前後から親指と人差し指ではさみ、押圧する方法。ギュギューッと5秒間程度力を加えて押圧し続けたら、指を離します。これを3〜5回くらい繰り返しましょう。
 歯磨きの時に、この押圧法を行うのを習慣にすると効果的です。歯茎の血行が促進され、血色が良くなります。
 もう一つ、良く噛んで食べることも歯茎の活性化に役立ちます。歯や歯肉も体の限定部分。全身の健康状態を良好に保つことも大事なのです。

山田 晶氏(飯田橋内科歯科クリニック副院長)
骨盤療法(ペルピックセラピー)で著名。日本歯科大学卒業。歯科の領域から骨格に関心を持ち、骨盤のゆがみに着目。骨盤のゆがみを自分で取る方法として、腰回しの定着に努めている。関連記事
専門医に聞け! Q&A 密接に関係する「噛む」ことと脳の働き専門医に聞け! Q&A 心の状態とも関係する「ぜんそく」の対策法専門医に聞け! Q&A マイコプラズマ肺炎対策の一番は「免疫力」



大ブレイクの塩麹!カンタン作り方とレシピを伝授
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120207-00000001-woman-ent




【関連する記事】
posted by remi at 16:15| レスベラトロール関連記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
用途で使い分けるFX業者
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。