スポンサードリンク

2012年02月15日

紫外線対策は子どもが小さいうちから!幼児向けUVローション「ジョンソン ベビーUV ローション SPF15」を発売




ジョンソン・エンド・ジョンソンは、お散歩や外遊びが増える春シーズンに向け、肌にやさしく保湿も完了する幼児向けUVローション「ジョンソン ベビーUV ローション SPF15」を3月5日より発売する。

同商品は、お散歩や外遊びといった日常生活で浴びる紫外線を防ぐのに効果的な「SPF15」。ちなみにSPFとは紫外線防御指数のことで、数値が高い程度効果は高いものの、肌への負担から、幼児向けは10〜20までがのぞましいとされている。

また、シミの起因になるといわれるUVA(紫外線の波長のひとつ)の防止効果をしめす指標は3段階の真ん中で在る「PA++」。こちらも数値が大きい程度肌への負担は高くなる。


そのその他、紫外線の影響で水分が失われがちな肌に、天然由来の保湿成分ヒマワリエッセンス(ヒマワリ種子油)でうるおいを保つことが特徴。同社では、UVローションで保湿が完了することは、最近の春から夏の生活環境をかんがみると、清潔と保湿のバランスを保つ意味でも有用で在る、としている。


同社は商品開発の経緯として、UVローションはレジャー時だけの使用が多量、日常使用はあまりされてい無いのが現状で在るが、子どもの毎日の外遊びなどの際には、日焼け止めを塗って紫外線対策を行うことが重要で在る、と報じている。

その理由として、紫外線による皮膚のダメージは、子どもの頃に蓄積すると言われており、この時期に受けた皮膚への損傷は完全に回復することが行えぬこと、また、赤ちゃんや子どもの皮膚は成人の皮膚よりもメラニンがカーナーリ少無いため、皮膚が持つ紫外線からの生物学的な保護も弱いことをあげている。

・ジョンソン・エンド・ジョンソン

■関連記事
・NHK「卵子老化の衝撃」に騒然!「保健体育で教えるべき」
・乳幼児菓子「マンナ」シリーズがリニューアル
・ああ、小児科哀歌(エレジー)
・「小学三年生」「小学四年生」が休刊!学年誌は不要なのか?
・あの嵐も持っている資格「チャイルドマインダー」って?




「飲むサラダ」マテ茶の健康パワーに注目
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120210-00000110-san-soci




【関連する記事】
posted by remi at 17:29| レスベラトロール関連記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
用途で使い分けるFX業者
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。