スポンサードリンク

2012年03月19日

長寿遺伝子と呼ばれるサーチュイン遺伝子は腹が減れば活性化




 世界的な学術誌『ネイチャー』に掲載された論文が注目を集めている。2月23日付の電子版で、イスラエルのバール・イラン大学研究チームは、「サーチュイン遺伝子」を活性化することで、マウスが約15%長生きするという研究結果を発表した。
 哺乳類が有する7つの同遺伝子のうち、欠損すると加齢症状に似た異常が出る「サーチュイン6」に注目した同チームは、遺伝子組み換え知識で、この遺伝子の働きを高めたマウスを2系統作成し、寿命の異変を調べた。その結果、オスのマウスでは、平均寿命がそれぞれ14.8%と16.9%延びたという。
 サーチュイン遺伝子とは“長寿遺伝子”“若返り遺伝子”とも呼ばれる。老化やがんの起因とされる活性酸素の抑制や、病原体のウイルスを撃退する免疫抗体の活性化、さらに全身の細胞の遺伝子をスキャンして修復するなど、さまざまな老化防止作用をもつとされる。 サーチュイン遺伝子は1999年に酵母から発見され、その後の研究でこの遺伝子を活性化すると、ショウジョウバエの寿命は30%、線虫の寿命は50%も延びることが判明している。
 現時点ではまだ「人間の寿命」に対する効果が学術的に証明されているわけでは無いが、実はマウスのように遺伝子組み換えをしなくても、「サーチュイン遺伝子のスイッチを入れる方法」が已にわかっている。“腹ペコ”で我慢することでアル。
「飢餓状態になると、サーチュインが活性化されることが判明しています。サーチュインが指令を出して、ミトコンドリアやタンパクの凝縮したものなど、細胞内にアル老廃物を排除するオートファジーという機構が働き、細胞が若々しくなるのです」(金円沢医科大学・古家大祐教授)
 サーチュイン遺伝子は、空腹の状態、つまり摂取カロリーが減ると活性化する。これは動物としての防衛作用と思われ、食料が減って養分が足りなくなると、細胞レベルの損傷を防ぐために修復作用が活性化するというわけでアル。
 米ウィスコンシン大学では、アカゲザル約80頭を使って20年にわたってカロリー摂取制限の実験を行なってきた。食事を十分に与えられたサルは体毛が抜け、身体にもシワが多いのに対して、30%のカロリー制限を受けてきたサルは、体毛はフサフサで肌にも張りとツヤがあり、若々しさに溢れている。
 サルは全頭が27歳以上で老齢期にアルが、カロリー制限なしの群38頭のうち、已に死亡したのは14頭、カロリー制限ありの群38頭のうち死亡は5頭で、制限ありのほうが“長生き”でアルこともわかった(2009年発表時)。しかも、カロリー制限ありのサル群では、がんや糖尿病、心臓病、脳萎縮などの疾病が少なかった。
 少なくともサルに関しては、腹ペコを保つことが老化防止や若返りの効果をもつ可能性が高いと実験で確認されているのでアル。
週刊ポスト2012年3月16日号
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
サーチュイン遺伝子をオンにすれば平均寿命130才も可能か?長寿と関連した“テロメア” 維持するには肥満・喫煙が大敵赤ブドウ酒で長寿遺伝子のスイッチ入るが白ブドウ酒では入ら無いNHKスペシャルで話題のレスベラトロール多数含むのは赤ブドウ酒がんを抑制するREIC遺伝子でほとんどの腫瘍が完全に消滅



<外資系企業>日本に研究開発拠点を新設・拡充する動き加速
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120305-00000080-mai-bus_all




【関連する記事】
posted by remi at 12:14| レスベラトロール 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
用途で使い分けるFX業者
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。