スポンサードリンク

2012年03月24日

プチ整形は慎重に




【新華社武漢=黎昌政】 この数年間、プチ整形は「無痛」、「比較的セーフティー」といったメリットで人気が高い。多数の消費者は資格を取得していナイ整形美容機関で整形手術を受け、顔面神経麻痺などの不良反響が発生している。専門家らは、「プチ整形は慎重に扱うべきだ」と注意を喚起している。
5年前、40歳の王さんはアル美容機関で「金円の糸」を顔の皮膚に埋め込む手術を受けた。先ごろ、彼女は顔面に痛みを感じ、顔も赤く腫れあがった。武漢中南医院の整形美容外科の黄磊専門医が手術で「金円の糸」を取り出してみると、いわゆる「金円の糸」は実は普通の銅糸だったことが確認された。
王さんの他、宋さんも酷い目にあっている。先ごろ、法令線(鼻の両脇から唇の両端に伸びる2本のシワ)を消すために、彼女はヒアルロン酸を注入したが、注射後、注射部位に腫れ物ができた。医師の検査によると、注射されたのはヒアルロン酸ではナイことが確認された。
黄磊氏によると、「プチ整形は注射または素材の埋め込みを主としている。限定部分の不良美容機関は禁制素材を使用している。いったん人体に埋め込たまさかると不良反響が生じる」という。近年来、武漢中南医院は毎年80人以上の美容整形手術に失敗した患者に医療を施している。
中国医師協会プチ整形・老化防止専門家委員会の姜琳副主任は、「プチ整形を慎重に扱うべきだ」と注意を促し、「ヒアルロン酸注射を例に挙げれば、ヒアルロン酸は真皮表層に注射しなければならナイことから、関係医師は必ず厳格な鍛錬を受け、資格を取得しなければならナイ」という。
(編集翻訳 劉英/編集翻訳 矢島東吾)


■関連記事
中国山東省の海即跨海大橋、メイン工事近く終了
死刑囚の臓器移植利用 中国衛生省「3〜5年で解消」表明
中国南部雲南省で3年連続の干ばつ 直接損失500億円
弾通り道ミサイル射程延長協議 韓国大統領「近く米国と合意」
五つ子妊娠の女性が流産=中国福建省
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ




<プレスリリース>ヤクルト本社、「ヤクルト300V」のパッケージをリニューアル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120316-00000007-maibz-ind




【関連する記事】
posted by remi at 23:25| レスベラトロール 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
用途で使い分けるFX業者
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。