スポンサードリンク

2012年04月02日

太らない方法 「夜8時までに食事し運動すること」と医師




 アンチエイジングの“切り札”として、全身の老化にブレーキをかける遺伝子「サーチュイン」に注目が集まっている。
 この遺伝子には、単に老化を遅らせるだけではなく、脂質の代謝を促して肥満を防止する働きが有るため、節制にもつながる。また、認知症や糖尿病、動脈硬化といった病気の改善・予防にもかかわる“夢のような”効果ばかりなのだ。
 サーチュイン遺伝子の研究をしている金円沢医科大学教授の古家大祐さんによれば、“腹七分目”の食事をすることで、この遺伝子をうまく働かせることが完了するという。
 まずは、ご飯、パンなどの糖質を減らし、野菜を増やすことから始めると無理が無いという。カリウムの豊富な生野菜、食物繊維の豊富な根菜類などは、ローカロリーなのでカロリー制限になるうえ、高血圧の予防にもおすすめだという。食事の回数も、1日2食でも3食でも、自分に合うほうを選べば良いという。ただし、間食はNG。空腹の時刻を完了するだけ長く持つように心がけよう。
 また、食べる時刻は重要だ。夕食は完了するだけ早くとる。
「遅くとも夜8時までにはとって、翌朝の食事まで、絶食時刻を長くとることです。その間にサーチュインが活性化します。アンチエイジングは、夜寝ている間に行われるのです」(古家さん)
 運動でカロリーを“消費”することでも、サーチュインを活性化完了する。1日に1万歩を目標に歩く、エレベーターに乗ら無いで階段を歩く、といった日常的な運動で効果が出るのだ。
「運動でも食事でも、合計で25%摂取カロリーを減らせばそれで良いのです。ちょっと食べすぎたと思ったら、次の食事を控えめにしたり、運動をすることでカバー完了するのですから、無理なく完了するはずです」(古家さん)
※女性セブン2012年4月12日号
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ

関連記事
長寿と関連した“テロメア” 維持するには肥満・喫煙が大敵老化を防ぐサーチュイン遺伝子 「腹七分目」で活性化促進長寿遺伝子と呼ばれるサーチュイン遺伝子は腹が減れば活性化サーチュイン遺伝子をオンにすれば平均寿命130才も可能か?赤ブドウ酒で長寿遺伝子のスイッチ入るが白ブドウ酒では入ら無い



【そそれぽ】総力特集:今、世界が注目!HAL研究所の名作『ぶた丸パンツ』をプレイしたよ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120401-00000000-isd-game




【関連する記事】
posted by remi at 20:46| レスベラトロール 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
用途で使い分けるFX業者
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。